ライフ | 2016.2月号

しずおかキッチン

チキンフリカッセのカブ詰め

いきいき鶏

餌にハーブを加え富士山の裾野で長期間大切に育てられた若鶏には、うまみが凝縮されている。柔らかい身と臭みのない優しい味は、クリームやトマトソースでぐつぐつ煮込めば、相乗効果でおいしさ倍増!

チキンフリカッセのカブ詰め

材料2人前
--------------------------------------------
鶏もも肉:1枚
エシャロット(みじん切り):20g
マッシュルーム(水煮):2個
バター:30g
白ワイン:50cc
ブイヨン:100cc
生クリーム(乳脂肪45%以上):150cc
塩、ホワイトペッパー:適量
カブ: 2個
付け合わせの野菜:お好みで

1

中火に熱した鍋にバターを溶かし、エシャロットを軽く炒める。一口大に切った鶏肉とマッシュルームを加え、鶏肉の表面が白くなったら塩とホワイトペッパー、白ワイン、ブイヨンを加え煮込む。

2

カブの皮を厚めにむく。上部を切り、ふたにする。転がらないように根の部分も平らに切る。中身をくり抜き、5分ほどブイヨン(分量外)で煮る。

3

①の煮汁が半量ほどになったら生クリームを加え、とろみが出るまで煮込む。塩とホワイトペッパーで味を整える。火を止めてバター(分量外)を溶かすと味わい深くなる。付け合わせの野菜も②の鍋に加え、温めておく。皿にカブをのせ、鶏肉を詰めソースを流す。野菜を添え盛り付ける。

POINT|白いソースを焦がさない

今月の先生 桑原伸次
●和洋会席さくら料理長
tel:054-259-3901

フリカッセとは、クリームソース煮のこと。白いソースを生かすため、鍋のふちを焦がさないように火加減に注意してください。カブをくり抜くときは軽量スプーンなどをくるりと回してみましょう。難しければペティナイフで切り込みを入れてからスプーンを使ってみて。カブの代わりに、厚めのバゲットやホウレン草のソテーも好相性です。

Backnumber

2019

2018

2017

2016

  • asten特集
  • スペシャル企画
  • アステン5つ星
  • 私流、発見
  • 小さな旅
  • asten PEOPLE
  • アステン流★大人ドリル 淑女検定
  • 今月のイケメン
  • 静岡MEN図鑑
  • しずおかキッチン
  • すくすくボード
  • アステンコラム
  • こだわりSElECTION
  • おでかけGOURMET

asten毎月第1土曜日発行

[ぐるなびandアットエス]ネットで簡単予約!!