ライフ | 2016.7月号

しずおかキッチン

マアジと夏野菜のギリシャ風塩麹マリネ

マアジ

古くから日本人に親しまれてきたマアジ。県内では養殖や干物生産が盛んなため口にする機会が多い。刺身やフライ、小さなものは唐揚げにも。初夏から夏が旬。脂がのったマアジを召し上がれ。

マアジと夏野菜のギリシャ風塩麹マリネ

材料 4人前
--------------------------------------------
マアジ : 1匹
塩麹 : 大さじ3
米酢 : 50ml
オリーブ油 : 適量
コリアンダー : 5g
ショウガ : 1片(薄切り)
ローリエ : 1/3枚
レモンの搾り汁 : 1/2個分
レーズン : 10g
トマト : 1個(くし形切り)
花穂 : 2本

野菜
ニンジン : 1/4本(拍子木切り)
大根 : 60g(いちょう切り)
パプリカ(黄色、赤) : 各1/2個(乱切り)
キュウリ : 1本(2cm幅輪切り)
ミョウガ : 2本(1/2カット)

大葉ソース
大葉 : 20枚(せん切り)
ニンニク : 少々
オリーブ油 : 150ml

1

マアジは三枚におろして皮を引き、塩麹に1時間ほど漬ける。大葉ソースの材料をミキサーにかけ、塩こしょう(分量外)で味を整える。漬けたマアジを米酢で軽く洗い流し、水分を拭く。1cm幅に切る。

2

鍋にオリーブ油、ショウガ、コリアンダー、ローリエを入れ、火にかける。香りが立ったら、野菜を順に強火で炒めていく。レモンの搾り汁とレーズン、塩麹少々(分量外)を加え軽く混ぜる。ふたをして10秒経過したら火から下ろす。15分後、ボールに移して冷ます。

3

冷めた②と①のマアジ、トマトをボールに入れ、塩麹、オリーブ油、レモンの搾り汁(それぞれ分量外)で味をつける。皿に盛ったら大葉ソースと花穂を飾る。

POINT|野菜の食感を残す

今月の先生 秋庭 俊輔
●シェ・サツカワ シェフ
tel:054-634-1523

野菜を炒めるときは、あまり火を入れないで。オリーブ油で表面をコーティングするイメージです。根菜やキノコ、アスパラなど、食感のある旬の野菜を使ってください。最後の味付けにも塩麹を使い、熱で失われた栄養素を補いましょう。大葉ソースは市販のジェノベーゼソースでも代用できます。

Backnumber

2019

2018

2017

2016

  • asten特集
  • スペシャル企画
  • アステン5つ星
  • 私流、発見
  • 小さな旅
  • asten PEOPLE
  • アステン流★大人ドリル 淑女検定
  • 今月のイケメン
  • 静岡MEN図鑑
  • しずおかキッチン
  • すくすくボード
  • アステンコラム
  • こだわりSElECTION
  • おでかけGOURMET

asten毎月第1土曜日発行

[ぐるなびandアットエス]ネットで簡単予約!!