asten PEOPLE | 2020.6月号

asten PEOPLE

神谷明

声優

エネルギー事情をキャラクターと一緒に学べるミニアニメ「EEE(トリプルイー)探偵社」がSBSテレビで放送されている。声の出演は、アニメ「キン肉マン」のキン肉マン役など数々のキャラクターを演じてきた声優の神谷明さん。デビューして半世紀の節目にあたり、「いい作品と出合った、その連続だった」と振り返りました。

"声優になって半世紀、全作品に全力投球 外見関係なく、多彩な役を演じる仕事"

Q.声優を志したきっかけは何でしょうか。

高校から演劇を始め、舞台俳優を目指して劇団テアトル・エコー(都内)に入ると、声優として活躍している先輩がたくさんいました。熊倉一雄さん(ひょっこりひょうたん島のトラヒゲ役など)、山田康雄さん(ルパン三世役)、平井道子さん(魔法使いサリー役)、太田淑子さん(ひみつのアッコちゃん役)、杉山佳寿子さん(アルプスの少女ハイジ役)など。作品や役に対する先輩方の思いの深さを感じて自分ものめりこみ、後先考えずに飛び込みました。

Q.さまざまな役を演じてこられました。

最初は声が高かったので少年役から始まりました。『うる星やつら』で面堂終太郎という二枚目と三枚目の同居したキャラをいただいたことが『キン肉マン』につながり、集大成として『シティーハンター』の冴羽獠を演じました。演技者として恵まれたキャリアを重ねてきたと思います。ただ、努力はしてきたつもりです。1本1本全力投球。終わったことはくよくよしない。次の糧にすればいい。今も毎回、台本が来るのが楽しみなんです。

Q.声優の魅力は何でしょうか。

年齢性別、見た目に関係なくいろいろな役をできることが楽しいですね。森羅万象演じられないものはないと言っていいほどです。キャラクター作りは台本を渡されて、『やってみなさい』と声優に任されるもの。自由なだけに責任も感じます。

Q.「EEE探偵社」で、神谷さんはベテラン探偵犬飼エコ蔵と探偵見習いのエマーソンの2役を演じ分けています。

どちらの役も身近な存在として感じられるように演じています。全く異なるキャラクターなので、とてもやりがいがあります。共演している岩居由希子さんとは『名探偵コナン』でもご一緒したので、呼吸もばっちりです。

Q.盛り込まれる犬飼探偵のダジャレも楽しみの一つです。

犬飼探偵の場合は、難しいことを分かりやすく伝えようと心掛けています。もっともっと親しみやすいキャラに作り上げていきたい。エマーソン君は何にでも興味を持つ好奇心たっぷりのキャラと、少年らしい純粋さを表現しようと10歳の少年の気持ちでやっています。エネルギーや環境問題は演じていて興味深いですね。この作品に出合えたこと、キャスティングしていただけたことに感謝しています。

Q.静岡県とのご縁はありますか。

静岡は、伊豆、富士山、静岡市内、浜名湖方面まで、プライベートや仕事でよく訪ねていました。弟が富士宮市に住んでいたので訪れたことがあり、温暖な気候や穏やかな人間性が好きですね。

Q.新型コロナウイルスの影響で仕事やプライベートの過ごし方はどのように変わりましたか。

4月中旬から一部の仕事以外は全て中止、延期になりました。趣味の写真や資料を整理したり、録りためたドラマやドキュメンタリー、お笑い、映画などを鑑賞したりしています。見ること、聞くこと...全てが糧になります。

岩居由希子さん(左)と「EEE探偵社」の収録(2020年3月撮影)

PROFILE

1946年9月18日生まれ。横浜市出身。「冴羽商事」所属。幅広く役をこなす日本を代表する声優の一人。代表作は「北斗の拳(ケンシロウ)」「名探偵コナン(初代の毛利小五郎)」「ドカベン(里中智)」など。アニメのほか、バラエティー番組のナレーション、テレビ、ラジオ、ウェブのCMナレーション、イベントや講演会なども行っている。
※「EEE探偵社」は毎週日曜午前11時24分からSBSテレビで放送中