スペシャル企画 | 2020.2月号

スペシャル企画

教科書に載らない しずおか土地探し最新事情

戸建て住宅は一生に一度のお買い物、という考えは、もう昔の話かも?今どきのマイホーム計画に役立つ最新情報を静岡の土地事情に精通した不動産のプロに聴きました。

01.戸建て住宅購入のチャンスは今!?

 住宅ローンの金利がほぼ底といえるほど下がっている今は、マイホーム購入には良いタイミングといえます。特に今は消費税増税の負担を軽減するさまざまな公的措置が用意されているので、現実的に考え始めるチャンスかも。さらに、ここ最近は、10年ほど前より広い家が手に入りやすくなっています。ちょっと前までは30坪ほどの敷地にコンパクトに建てる家がトレンドでしたが、人口減などで土地が余る時代になってきて、もう少しゆとりある土地が多く売りに出されるようになりました。

02.「建てる」というより生活に合わせて「買う」時代

 ひと昔前は、親から受け継いだ土地に子や孫まで何代も住み継ぐとか、住宅ローンの頭金を頑張ってためて30?40代で家を新築するといった住み方が主流でしたが、今や家は「建てる」ものというより「買う」ものという感覚になってきています。低金利の今のうちに家族構成やお財布事情に合った手頃な一軒家を買い、家族が増えるなどの生活スタイルの変化に合わせて買い替えるという考え方です。親の住む土地の近所に子世代が自分たちの家を構え、次の孫世代が祖父母の土地を受け継ぐといったスキップ方式の相続スタイルも増えてきています。

03.将来の買い替えに備えて資産価値を保ちたい!

 いずれ売ることを前提に家を買うなら、資産価値が下がりにくい家を買うのが得策。例えば、使い勝手や趣味が特殊すぎないシンプルな間取りや、耐久性の高い資材を使った家は値崩れしにくいといえます。その点、品質のしっかりした建売住宅なら、あらかじめ誰でも住みやすいようプロ目線で設計してあるので、比較的売りやすいはずです。
 当社では、建売物件を施工前に契約して内装や設備などを自分好みに仕上げる企画型住宅を提案していますので、建売でも自分たちらしい家づくりは十分できますよ。

04.人気の土地は新しい分譲地

 土地探しから始める若いファミリー層に人気なのが、広い土地を何区画かに分けて分譲する新築分譲地です。何世帯かがほぼ同時に入居するので、お子さんの年齢が近かったり、家族構成が似ていたりと、なじみやすいのが魅力。近所に誰が住んでいるか分からないという不安が少ないのもメリットです。けれど、土地選びはある意味、直感が大事。学区などの立地条件や多少の価格差にこだわるより、最終的には自分にとって価値がある土地を選ぶ方が満足できます。どの土地も世界でただ一つですから。

教えてくれた人

「家は高い買い物。住む環境としてはもちろん、資産としても高い価値を未来に残せるよう、土地作りからベストな形を追求しています」

明和住宅 代表取締役 佐野鋭明さん

取材・撮影協力/明和住宅

Backnumber

2020

2019

2018

2017

2016

  • asten特集
  • スペシャル企画
  • アステン5つ星
  • 私流、発見
  • 小さな旅
  • asten PEOPLE
  • アステン流★大人ドリル 淑女検定
  • 今月のイケメン
  • 静岡MEN図鑑
  • しずおかキッチン
  • すくすくボード
  • アステンコラム
  • こだわりSElECTION
  • おでかけGOURMET

asten毎月第1土曜日発行

[ぐるなびandアットエス]ネットで簡単予約!!