ライフ | 2018.3月号

しずおかキッチン

ハンバーグのかぶら蒸し風

カブ

静岡県内あちこちで作られているカブは、3月にかけてが旬。春先のカブは甘みが強いのが特長。大きいものは甘酢やかぶら蒸しに、小さいものは漬物や煮物にと使い分けたい。きめ細かく優しい素材の風味をシンプルに味わって。

大根めし

材料/4人前
--------------------------------------------
カブ : 大2個(500g)
春キャベツ、ニンジン、三つ葉 : 各30g
シイタケ : 1個
薄口しょうゆ : 小さじ1/2
卵白 : 1個分
片栗粉 : 少々
ユズ、ワサビ : 少々

ハンバーグ
--------------------------------------------
合いびき肉 : 300g
タマネギ : 100g
パン粉 : 8g
ケチャップ : 小さじ1/2
小麦粉 : 5g
塩・黒こしょう : 各少々
卵(黄身) : 1個分
水 : 大さじ2

割り下あん
--------------------------------------------
だし、しょうゆ、酒 : 各60cc
みりん : 120cc
片栗粉 : 10g
水 : 大さじ2

1

タマネギをみじん切りにし、合いびき肉、パン粉等ハンバーグの材料をすべてボウルに入れ、よくこねるように混ぜ合わせる。4等分にしてフライパンで両面を約6~7分焼く。

2

カブはすりおろし、軽く水気を切る。春キャベツとニンジンは適当に切り、電子レンジ500wで2分加熱する。割り下あんの材料を火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

3

泡立てた卵白、②のカブ、野菜、薄切りのシイタケ、片栗粉をすべて混ぜ、電子レンジ500wで2分加熱する。①のハンバーグを皿に盛り、割り下あんをかける。カブをのせ、おろし金ですったユズとワサビ、ゆがいた三つ葉を飾る。

POINT|水を加えてふっくらジューシーに

今月の先生 内田 晃博
●葡萄の丘草薙店シェフ
tel:054-204-9311

ハンバーグは水を加えることで、ジューシーな仕上がりになります。肉が冷たい状態を保つよう、素早くしっかりこねて下さい。カブに混ぜる野菜は、これからの季節ならアスパラなどでもいいですね。和食は難しいと思われがちですが、ポイントを押さえることで、気軽においしく作れますよ。

Backnumber

2019

2018

2017

2016

  • asten特集
  • スペシャル企画
  • アステン5つ星
  • 私流、発見
  • 小さな旅
  • asten PEOPLE
  • アステン流★大人ドリル 淑女検定
  • 今月のイケメン
  • 静岡MEN図鑑
  • しずおかキッチン
  • すくすくボード
  • アステンコラム
  • こだわりSElECTION
  • おでかけGOURMET

asten毎月第1土曜日発行

[ぐるなびandアットエス]ネットで簡単予約!!